モリタ整体院

平井(JR総武線)の整体・カイロプラクティック

〒132-0035東京都江戸川区平井3-24-8森田ビル1・2F

ストレス社会への有効な手技

年々、頭脳労働、ストレスの増加により、筋、骨格の症状より、頭部に現れる症状が増えてくると以前から申してきました。
耳もみ整体をやりだしたのもそうしたきっかけですが、
耳鳴りや、耳の閉そく感などの施術をしていて感じることは、やはり耳に加え鼻も施術した方がいいという事。
耳鼻咽喉科というだけあって、これらは関連性がありますね。
後鼻漏として喉に垂れてきたりするのは鼻の問題と解りやすいですが、せきや、エヘン虫なんかも、この後鼻漏が原因だったりすることもあります。
つまり喉ではなく鼻の問題だったりします。
鼻が渇いたりするのも自律神経のバランスが悪い証拠ですし、耳、鼻の施術はセットで考えています。
耳と鼻をつなぐ管、耳管の施術は「安心」マキノ出版 今年の1月号に載っていますので参考にしてみてください。
もっというと舌と迷走神経も関連性があります。
ご存知の方も多いかと思いますが、緊張したときなんかに口がパサパサと乾くのは交感神経が優位な時に起こる現象ですが、反対に副交感神経が優位になると、唾液量が多くなります。
ストレス時に、舌の運動で迷走神経を刺激してあげると、すぐに唾液が多くなります。つまり副交感神経優位に強制的に持っていく事が、可能となります。
また、視野によっても簡単に緊張状態からリラックス状態に持っていく事も可能です。
こうした現象を利用してスポーツ選手が緊張してしまう、また、一般の方でも大事な場面での、パフォーマンス向上にも役立てていただいています。
頭部にはたくさんのこうしたストレス社会を克服する秘密が秘められています。

2019.07.15

人生100年時代について

人生100年というのが当たり前のように言われ始めています。
それに伴い健康寿命、資産寿命なるものまで考慮したライフスタイルの見直しを図る生き方が必要だといわれ始めました。
老後資金2000万円問題で、年金が危ないとか、10%の消費増税といわれる一方で、イージスアショアの配備、高性能ステルス戦闘機F35の105機もの購入予定などには惜しげもなく資金投入。
国の借金は1000兆円をゆうに超えているといわれる現在、実際のところいったいこの国は財政難にあるのか、お金持ち国家なのか、わからなくなる時ありませんか?
日本が財政難にあるのか、本当はお金持ち国家なのかで、人生100年時代のプランニングも本当は大きく変わるはずです。
実はこの国家財政の問題は昔から議論されていて、今すぐにでも国債価格が暴落して金利上昇し、国は膨大な借金があるので、利払いすらできず国家破綻するという意見もあれば、一方でMMT(現代貨幣理論)やリフレ派のように通貨発行権を持つ国家は債務返済に充てる貨幣を自在に創出できるため、財政赤字で国は破綻しないのだからジャンジャンお金を刷ってデフレ脱却まで財政出動すべきという意見もあり、専門家でも意見が分かれております。実際、日銀はこれをやってきたのですが・・・
経済の専門家ですら意見がこうも違うのですから、本当のところどうなんだろうと思うのは無理もないはずです。
医学もそうかもしれませんが、経済学も地動説と天動説くらいにどこかでボタンの掛け違いがある場合があります。前回のブログでも書きましたが、病気の見方を変えると治し方も必然的に変わってくると申しました。
なんでこんなにも意見が分かれるのか、なのですが、そもそも「貨幣」とは何かが国家破綻論者の方とMMTの方では違います。おおもとで違うのですから結論も必然的に違ってきます。
前者では貨幣とはそれそのものに価値がある、いわば商品と捉える。一般的にはなんとなくしっくりきます。
一方で、後者は貨幣とは、負債であると捉えています。誰かの負債は他のだれかの資産ですから、負債が増えれば貨幣が創造されることになり、返済して負債が減れば、その分貨幣が世の中から消えることになります。
慣れないとしっくりきませんが、これも少し考えれば理解できます。信用創造というやつです。ニクソンショック以降、現代は兌換紙幣でなく不換紙幣なのだから、後者が正しいと主張しているのが、MMT(現代貨幣理論)という事になります。
尤もこの理論はFRB議長、ノーベル経済学賞の受賞者などそうそうたるメンバーが否定していますが・・・
どちらが正しいのかは今回は置いておいて、あらゆる場面で対立した意見を伺っていると、往々にしてそもそも論のところで違う事がよくあります。その結果、まったく反対の対応がなされるのです。
宗教観や性善説に基づくのか、性悪説に基づくのか、また人間は動物であると捉えるのといや動物とは違うと捉えるのでは、規律、ルール、教育などの取り組み方も変わってきます。そもそも人間に対する捉え方が違うのですから、当然といえば当然ですが、双方で意見がかみ合う事はありえません。

今回のように年金も、100年安心プランと言ってたはずがどういうことだ、となる前に情報をうのみにするのでなく、そもそも論から疑ってみるのも人生100年時代には必要なのかもしれません。
個人的にはコペルニクス的転回はあらゆる分野において往々にして起こると考えています。
私が少年野球をしていたころは、「運動中、水は飲むな」が常識でした。まだまだたくさん、塗り替えられる現代の常識はたくさんあっても不思議ではないはずです。
100年たっても色褪せない真の健康法を提供できる院でありたいと思っています。

2019.06.16

見方を変える

見方を変えると全く違った健康法が見えてくることがあります。
例えば、風邪ですが、一般的には適度な運動と栄養をつけて免疫力を上げていれば風邪は引かない。つまり風邪をひかないことは健康体であるとなります。
しかしわたしの見方では、風邪をひかない人には2通りあって、①ひく必要がない人。 ②ひく事が出来ない人。
当然①であれば健康体なのですが、問題は②です。
いろいろと病気を患っている方でも、私、風邪だけは引かないのよね。とか、風邪をひいても高い熱が出たり酷くはならないと安心している方がたまにいらっしゃいます。
それはよかったですねと安心させてあげたいのはやまやまなのですが、プロとしてそうもいかないので、何とか説明はして差し上げるのですが、多分腑に落ちている方は少ないのではないかと想像しております。
そもそもウィルスに侵される、感染するとはどういったことなのでしょうか? 当然ですが、ウィルスにとっても子孫繁栄は至上命題です。寄生しやすい住処を探し求めているわけですが、どんな身体が彼らにとって棲みやすいといえるのでしょうか。
「流水腐らず」といいますが、サバイバル術の基本中の基本ですが、「流れのない水(溜まり水)は飲むな」といいます。バクテリアの寄生いている可能性が低いからです。沸騰させればなお安心となります。
見た目に澄んでいるかどうかより流れがあるかという事になります。バクテリアや細菌、ウィルスなどは流れを嫌います。次から次へと流水が注ぎ込まれてくるような環境下では、落ち着いて子孫繁栄などできませんものね。
川で例えてしまいましたが、人間の身体において流れのある身体(淀みのないからだ)とはどういう事かを考えればいいということになります。
風邪をひいたという事は感染したにせよ、澄みやすい住処を見つけて棲みついたにせよ、体内に寄生したことには間違いありません。
問題は、風邪の諸症状が①ウィルスが悪さをしているとみるのか、②ウィルスを追い出そうとしているのかという事であります。
①の悪さなら早くに消し止めなければなりません。早急に症状を抑えることが治療となります ②であれば追い出すまで頑張ってもらわなければなりません。むしろ手助けしてあげることが治療となります。
冒頭の話に戻しますが、水でも沸騰させれば多くの細菌やらウィルスは死滅してしまいます。これを人体で自然に行っているのが、高熱を出すという事になります。
ウィルスが棲みついていても、風邪が引けないという事は、身体がウィルスを追い出すだけの準備が出来ていない事を意味します。熱を出すにも体力が必要となるのです。
見方が違うと対処法も変わってくるのです。

2019.05.21

令和を迎えるにあたり

元号が令和に決まり、新しい時代の幕開けに伴い、新たな視点で次なる時代を迎えたいと思っています。
平成2年に開業したので、健康に導く仕事をまるまる30年近く従事してきましたが、健康な体を手に入れるということは幸福への必要条件ではありますが、健康だからといって必ずしも幸福感を得ているとは限りません。2019年の世界幸福度ランキングでは日本は156か国中、58位という結果でした。
この数字が高いとみるのか、低いとみるのかはわかりませんが、直近の5年間では一番低い数字となっています。
つまり日本人は年々、幸福度が下がっているといえます。
年号が変わり、個人的にも仕事においても幸福度アップを心がけたいと思います。

2019.04.07

今度は・・・

堀ちえみさんが舌癌のステージ4ということを公表しました。
池江さんに続き、またしてもショックです。
中学生の時、ずっとファンで、レコードにテレビにラジオにと必ずチェックしていました。
癌の餌である糖質を控え、平熱を36.5度まであげるに尽きると思います。
風邪をひいても、微熱しか出ないとかは要注意です。

2019.02.22

絶対に大丈夫

池江選手が白血病を公表しました。
地元出身で、息子も通っていたスイミングクラブの選手という事もあって、非常に親近感がある方でしたので、とてもびっくりしています。
今までも何度となくこういうことがある度に、なんでこの人が、なんで今? 神も仏もないのか? と怒りを覚えましたが、今回もまた、それをとても強く感じています。
池江選手の祖母の方がおっしゃっていましたが、「水泳なんてやんなくてもいいからとにかく長生きしてほしい」という言葉が心に刺さりました。

2019.02.13

七福神

今月6日に、行ってきました。 七福神巡り。
今更ですが、忘れていたので載せておきます。

手書きの御朱印はかっこいいですね。 受付に置いてあります。

2019.01.21

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
本年も皆様の健康を第一にスタッフ一同、全力で施術にあたらせていただきます。

2019.01.01

年末が来た

自分は車のタイヤをスタッドレスに変えるのと、スキー板にワックスをかけると年末が来たと感じます。

2018.12.17

耳たぶあんま

当院的には「耳もみ整体」と呼んでいるのですが、「耳たぶあんま」という表現で取り上げられています。
別に名称にこだわりはないので、何でもいいのですが、効果には自信あります。
自律神経の調整に効果的な鼻と耳をつなぐ管、耳管ストレッチのやりかたも記載されています。
鼻が渇く方は自律神経の乱れがあるかもしれません。 一度お試しください。

2018.12.05

〒132-0035
江戸川区平井3-24-8森田ビル1・2F

  • お問い合わせフォーム

モリタ整体院